IRセミナー
5/22(火)=LIFULL、レカム

株式投資情報動画配信 日本インタビュ新聞社 - You Tube

株式投資情報動画配信 日本インタビュ新聞社 - You Tube

2017年02月16日

加賀電子が高値を更新し第3四半期までの高進ちょく率など見直す

■PER割安でもみ合い離脱型の再騰相場がイメージできるとの見方も

 加賀電子<8154>(東1)は16日、続伸基調の始まりとなり、取引開始後に2137円(93円高)をつけて1月5日以来の昨年来高値更新となった。第3四半期決算の営業利益(2016年4〜12月累計・連結)が通期予想の91%を確保するなど、進ちょく率が高いことなどが再評価されているようだ。

 3月通期の連結純利益は前期比6.7%増加する見込みとし、予想1株利益は207円38銭。株価はPER10倍前後に過ぎないため割安感の強い水準といえる。また、値動き的には、4ヵ月近く続いている高値圏でのもみ合いを抜け出してきたため、いわゆる「もみ合い離脱」型の再騰相場がイメージできるとの見方もある。(HC)
◎日刊株式投資情報新聞(無料)登録受付中!


提供 日本インタビュ新聞 Media-IR at 09:36 | 株式投資ニュース