スマートフォン解析
株式投資情報動画配信 日本インタビュ新聞社 - You Tube

株式投資情報動画配信 日本インタビュ新聞社 - You Tube

2017年02月17日

三菱ケミカルホールディングスが9年ぶりの高値、好業績好感相場が続く

■日経平均が重い中で逆行高のため運用資金の比重を移す動きも

 三菱ケミカルホールディングス<4188>(東1)は17日、853.2円(13.4円高)で始まり、3日続伸基調となって2008年以来9年ぶりに850円台に進んだ。2月8日に第3四半期決算と通期業績見通しの増額修正を発表し、以後、断続的に高値を更新してきた。日経平均が重い中で逆行高の様相のため、こうした銘柄に運用資金の比重を移す動きがあるようだ。

 今3月期の予想連結純利益は従来予想を21%引き上げて1510億円の見通し(前期比では2.9倍)とし、予想1株利益は102円95銭とした。株価はPER8倍台にすぎず、総合化学株は総じてPERが低いとはいうものの割安感が目立っている。(HC)
◎日刊株式投資情報新聞(無料)登録受付中!


提供 日本インタビュ新聞 Media-IR at 09:21 | 株式投資ニュース