株式投資情報動画配信 日本インタビュ新聞社 - You Tube

株式投資情報動画配信 日本インタビュ新聞社 - You Tube

2017年02月17日

【株式市場】円高のため日経平均は一時174円安だが「大統領令」修正など好感し持ち直す

◆日経平均の前引けは1万9237円27銭(110円26銭安)、TOPIXは1543.77ポイント(7.30ポイント安)、出来高概算(東証1部)は10億70万株

チャート5 17日(金)前場の東京株式市場は、円相場が再び海外市場から円高気味になったため、日経平均は9時30分を過ぎて174円00銭安(1万9173円53銭1ドル)まで下押す場面があった。その後は、米トランプ大統領が特定国からの入国を禁止した大統領令を修正と伝えられ、日本郵船<9101>(東1)日本航空<9201>(東1)などが上昇。日経平均も持ち直して前引けは110円26銭安(1万9237円27銭)となった。東証2部指数、マザーズ指数、日経JASDAQ平均は高い。

 兼松サステック(旧・兼松日産農林)<7961>(東1)が好業績などを要因に大幅続伸の高値更新となり、北日本紡績<3409>(東2)は業績の大幅回復見通しや株価100円ソコソコの低位株妙味が言われて急伸。アンジェスMG<4563>(東マ)は引き続き高血圧DNAワクチンの日米での特許確立などが材料視されて続伸。久世<2708>(JQS)は第3四半期の大幅増益や自社株買いが好感されて高値を更新。

 東証1部の出来高概算は10億70万株、売買代金は9117億円。1部上場2002銘柄のうち、値上がり銘柄数は777銘柄、値下がり銘柄数は1036銘柄となった。(HC)
◎日刊株式投資情報新聞(無料)登録受付中!


提供 日本インタビュ新聞 Media-IR at 12:03 | 今日のマーケット