IRセミナー
12/6(水)=アルコニックス、ハーツユナイテッドグループ

株式投資情報動画配信 日本インタビュ新聞社 - You Tube

株式投資情報動画配信 日本インタビュ新聞社 - You Tube

2017年02月24日

【配当特集】アールシーコアは新中期経営をスタート、配当重視で配当利回り妙味が増す

haitou1.gif

【利益還元に積極的な「魅力ある企業」(配当)】

 アールシーコア<7837>(JQS)は、自然派個性住宅「BESS」という住宅ブランドを主力に据えて事業を展開している。BESS事業では、"「住む」より「楽しむ」"のブランドスローガンのもと、暮らしを楽しむ道具としての、自然材を用いた個性的なデザインの住宅(ワンダーデバイス、カントリーログハウス、あきつログハウス、ジャパネスクハウス、BESSドーム、G−LOG)を提案している。フェザント事業では、自然豊かな山中湖畔、ログハウス、ドームハウスなどBESSの個性あふれる建物で、世界標準のタイムシェア別荘を提供している。

 2月23日大引け後に中期経営計画(2018年3月期〜20年3月期)を発表した。12年4月から中期経営計画"「異端でメジャー」ステージアップ5か年計画"を立ち上げ、最終年度の17年3月期売上高180億円、営業利益率8%、ROE18%の目標に向けて重点戦略の実施を推し進めてきたが、これまで進めてきた施策を更に進化させて、更なる事業の成長を促すため、新たな中期経営計画を17年4月からスタートする。

 現時点では、今17年3月期は売上高136億円(前期比10.8%増)、営業利益7億8000万円(同3.6%増)、経常利益7億6000万円(同2.5%増)、純利益4億4500万円(同12.9%減)と従来の中期計画は目標未達となる見通し。年間配当は47円(第2四半期末23円、期末24円)の2円増配を予定している。売上高は、従来中期計画に届かなかったものの、5か年比145%に達しているほか、スローガンとして掲げた「異端でメジャー」においては、BESSブランドの認知がこの5か年で2.3倍以上となり大きく向上し、着実に浸透している。

 新中期計画では、"「業界最狂、ハピネス拡散」中期3ヵ年計画"としてスタート。最終年度の20年3月期売上高200億円、営業利益率8%、ROE18%の目標を掲げている。目標達成に向けて、BESSファンが集う「触媒力」拡大、新時代の暮らし方「梺(ふもと)ぐらし」の創出、BESSブランドを旗印に「販社制度」の強化、「生産革新」の実行の重点戦略を実施する。

 株価は、15年12月高値1167円から昨年4月11日に昨年来の安値935円と調整。950円割れ水準で7か月モミ合った後、2月13日高値1128円と上昇。高値圏で頑強な動きとなっている。新中期計画の策定による来18年3月期業績見通しに対する期待感がある。DOE(%)純資産配当率は7%程度まで高めることを目標とし、配当重視の姿勢を堅持している。配当利回りは4.2%と利回り妙味が増し、足元で25日移動平均線がサポートラインとして意識されており、中長期的な視点で買い妙味が膨らみそうだ。

【株主優待制度】
http://www.rccore.co.jp/ir/yutai/index.html

◎日刊株式投資情報新聞(無料)登録受付中!


提供 日本インタビュ新聞社 Media-IR at 12:12 | 利益還元に積極的な「魅力ある企業」