IRセミナー
12/6(水)=アルコニックス、ハーツユナイテッドグループ

株式投資情報動画配信 日本インタビュ新聞社 - You Tube

株式投資情報動画配信 日本インタビュ新聞社 - You Tube

2017年03月07日

【株式市場】地政学的リスクなど影響し日経平均は軟調だがTOPIXは堅調で新規上場銘柄は好スタート

◆日経平均の前引けは1万9345円49銭(33円65銭安)、TOPIXは1555.25ポイント(0.35ポイント高)、出来高概算(東証1部)は7億5086万株

チャート5 7日(火曜)前場の東京株式市場は、昨日に続いて北朝鮮のミサイル発射を受けた地政学的リスクなどが影響し、模様ながめ気分が継続。日経平均は取引開始後に57円50銭安(1万9321円64銭)をつけたあとも軟調なまま小動きを続けた。前引けは33円65銭安(1万9345円49銭)。一方、TOPIXは堅調で、東証マザーズ指数と日経JASDAQ平均は軟調。

 商船三井<9104>(東1)などの海運大手が市況改善などを材料に軒並み昨年来の高値・年初来の高値に進み、JXホールディングス<5020>(東1)などの石油株も高い。明治機械<6334>(東2)は約46年ぶりの復配を好感し昨年来の高値を更新し、エムビーエス<1401>(東マ)は3月末の1対10の大型株式分割への期待が再燃したようで急伸。日本マクドナルドホールディングス<2702>(JQS)は月次売上高の2ケタ増加などが好感されて年初来の高値を更新。


 本日上場のロコンド<3558>(東マ・売買単位100株)は買い気配をセリ上げて10時23分に2625円(公開価格1850円の42%高)で初値がつき、その後2800円まで上げ、前引けは2755円だった。

 東証1部の出来高概算は7億5086万株、売買代金は9158億円。1部上場2004銘柄のうち、値上がり銘柄数は888銘柄、値下がり銘柄数は915銘柄となった。
◎日刊株式投資情報新聞(無料)登録受付中!


提供 日本インタビュ新聞 Media-IR at 11:55 | 今日のマーケット