スマートフォン解析
IRセミナー
10/25(水)=メディアグループ 三栄建築設計、CRIミドルウェア

株式投資情報動画配信 日本インタビュ新聞社 - You Tube

株式投資情報動画配信 日本インタビュ新聞社 - You Tube

2017年03月09日

【注目銘柄】エディオンは自己株式取得と17年3月期配当予想の増額を発表

 エディオン<2730>(東1)に注目したい。中部と西日本を地盤とする家電量販店の大手である。3月8日、自己株式取得と17年3月期配当予想の増額修正を発表した。株価は16年12月の昨年来高値から反落して水準を切り下げたが、自己株式取得と配当増額を好感して戻りを試す展開が期待される。

 自己株式取得の内容は、取得株式総数の上限200万株(自己株式除く発行済株式総数に対する割合2.03%)、取得価額総額の上限20億円、取得期間17年3月9日〜17年4月28日である。そして3月9日に自己株式立会外買付取引(ToSTNeT−3)によって買い付けを行う。

 17年3月期配当予想については、期末4円増額して年間26円(第2四半期末11円、期末15円)とした。16年3月期の年間22円との比較でも4円増配となる。

 17年3月期通期の連結業績予想は売上高が前期比1.1%増の7000億円、営業利益が同8.5%増の185億円、経常利益が同11.1%増の192億円、純利益が同49.4%増の90億円としている。テレビにおける4Kの構成比上昇なども寄与して堅調に推移する見込みだ。20年東京五輪に向けてテレビ買い替え需要も期待される。

 株価は16年12月の昨年来高値1154円から反落して水準を切り下げたが、週足チャートで見ると26週移動平均線近辺で下げ渋り、サポートラインを確認した形だ。自己株式取得と配当増額を好感して戻りを試す展開が期待される。(MM)

◎日刊株式投資情報新聞(無料)登録受付中!


提供 日本インタビュ新聞社 Media-IR at 10:22 | 注目銘柄