IRセミナー
5/30(火)=マーキュリアインベストメント、JPホールディングス

株式投資情報動画配信 日本インタビュ新聞社 - You Tube

株式投資情報動画配信 日本インタビュ新聞社 - You Tube

2017年03月09日

新規上場のピーバンドットコムは買い気配のまま公開価格の40%高(9時30分現在)

■プリント基板の製造受託サイト「P板.com」で急成長

 9日、新規上場となったピーバンドットコム<3559>(東マ・売買単位100株)は、プリント基板の製造を専用のWebサイト「P板.com」で受注し、国内外の提携工場で生産するファブレス企業。取引先は文教関連が多く個人からの受注にも広げる。公開価格は1650円。取引開始から買い気配をセリ上げる展開になっており、10時30分にかけては公開価格の40%高の2314円の買い気配。まだ初値はついていない。

 今期・2017年3月期の業績見通し(会社発表・単体)は、売上高が前期比5.8%増の18億1700万円、営業利益は同3.7倍の2億2000万円、純利益は同2.2倍の1億3600万円、1株利益は66円65銭。

 公開価格はPER24.8倍になり、比較対象銘柄としては太洋工業(6663)のPER200倍台、キョウデン(6881)、京写(6837)のPER11倍台などが挙げられている。(HC)
◎日刊株式投資情報新聞(無料)登録受付中!


提供 日本インタビュ新聞 Media-IR at 10:29 | 新規上場(IPO)銘柄