IRセミナー
5/30(火)=マーキュリアインベストメント、JPホールディングス

株式投資情報動画配信 日本インタビュ新聞社 - You Tube

株式投資情報動画配信 日本インタビュ新聞社 - You Tube

2017年03月11日

アイリッジの7月期第2四半期はユーザー数の増加などにより、3.7倍営業利益増で着地

■popinfoの利用ユーザー数は5520万

 アイリッジ<3917>(東マ)は10日、17年7月期第2四半期累計業績を発表した。

 売上高はユーザー数の増加及び大型のアプリ開発・リリース案件が増収に寄与し、6億43百万円(前年同期比30.9%増)となった。利益面は、増収効果及び内製化進展による原価率改善で、営業利益は75百万円(同3.7倍)、経常利益は75百万円(同3.7倍)、四半期純利益は53百万円(同4.4倍)と大幅増益で着地した。

 サービス別売上高はO2O関連が同30.9%増の6億43百万円(月額報酬が、新規アプリのリリースや、継続取引先のユーザー数の拡大により、同73.1%増の2億23百万円。アプリ開発・コンサル等は、大型案件が寄与し同15.9%増の4億20百万円)だった。17年1月末のpopinfoを搭載したスマートフォンアプリの利用ユーザー数は5520万、順調に推移している。

 2017年7月期業績予想は、今後、新規サービス、新規事業への取り組み強化に経営資源を投入する予定とし、前回発表予想を据え置き、売上高を16億円(前期比30.1%増)、営業利益を2億円(同46.1%増)、経常利益を2億円(同45.5%増)、純利益を1億38百万円(同49.7%増)としている。

◎日刊株式投資情報新聞(無料)登録受付中!


提供 日本インタビュ新聞 Media-IR at 18:30 | 決算発表記事情報