IRセミナー
12/6(水)=アルコニックス、ハーツユナイテッドグループ

株式投資情報動画配信 日本インタビュ新聞社 - You Tube

株式投資情報動画配信 日本インタビュ新聞社 - You Tube

2017年03月13日

【どう見るこの相場】15日の重要イベント次第

dou1.jpg

 今週3月13日〜17日の金融市場は、週半ば15日の米FOMC(連邦公開市場委員会)とオランダ議会選挙という重要イベントの結果によって、大きく動く可能性がある。

 前週末10日の米2月雇用統計が強い内容だったため、3月14日〜15日開催の米FOMCでは0.25ポイントの追加利上げがほぼ確実視されている。追加利上げを決定した場合、日米金利差が一段と拡大してドル高・円安方向に進行するのか、それとも利上げは織り込み済みであり、材料出尽くしとして一旦はドル安・円高方向に振れるのか、そして米FOMC声明やイエレン米FRB(連邦準備制度理事会)議長の記者会見の内容次第では、次回利上げ時期や年内利上げ回数・ペース観測に影響を与え、乱高下する可能性もありそうだ。

 また米FOMCの3月追加利上げは織り込み済みとして、15日のオランダ議会選挙を米FOMC以上に注目する見方もある。昨年の英国の国民投票でEU離脱派が勝利したブレグジットに続いて、反EU・反移民を掲げるオランダの極右政党が勝利あるいは大躍進すれば、その後に続くフランス大統領選挙やドイツ総選挙に向けて大きな流れを作りかねず、金融市場では混乱に対する警戒感を強めることになる。

 前週の日本株は、週後半に為替が1ドル=115円台まで円安方向に振れたことを好感したが、今週の前半は15日の重要イベント待ちで様子見ムードを継続することになる。そして週後半は15日の重要イベントの結果次第である。

 この他には手掛かり材料難であり、米国株に連動してトランプ・ラリー第2幕に乗れるかどうかは不透明感が強い。強基調が続いた東証2部、JASDAQ、マザーズといった中小型株についても、一旦は調整局面の警戒が必要だろう。(日本インタビュ新聞アナリスト水田雅展)

◎日刊株式投資情報新聞(無料)登録受付中!


提供 日本インタビュ新聞 Media-IR at 07:43 | どう見るこの相場