スマートフォン解析
株式投資情報動画配信 日本インタビュ新聞社 - You Tube

株式投資情報動画配信 日本インタビュ新聞社 - You Tube

2017年03月13日

【株式市場】材料株物色が活発で日経平均は小動きだが終値では昨年来の高値

◆日経平均の終値は1万9633円75銭(29円14銭高)、TOPIXは1577.40ポイント(3.39ポイント高)、出来高概算(東証1部)は14億7180万株

チャート5 13日後場の東京株式市場は、米国の利上げが確実視される中で、今週なかばにその会合(FOMC:米連邦公開市場委員会)が開かれるため、大きく動く投資家は少ないようで、好業績株や材料株が賑わう中、日経平均は午後の振幅が約60円にとどまり、30円高(1万9635円)を挟んで一進一退となった。それでも終値では約1週間ぶりに2015年12月以来の高値を更新した。東証マザーズ指数、日経JASDAQ平均は小安い。

 後場は、富士フイルムホールディングス<4901>(東1)が人工タンパク質に関する発表などを手掛かりに後場一段強含み、日本航空<9201>(東1)は原油安などが言われて年初来の高値。東芝テック<6588>(東1)は大株主による保有株売却を巡る思惑などを背景に一段と堅調。ライフル銃のミロク<7983>(東2)は第1四半期の業績が好感されて朝方から大引けまでストップ高。アエリア<3758>(JQS)は今金黒字転換期待や6月末の株主の保有株を2分割などの材料が再燃とされて2006年以来の高値更新。

 東証1部の出来高概算は14億7180万株(前引けは7億4162万株)、売買代金は1兆7724億円(同8257億円)。1部上場2004銘柄のうち、値上がり銘柄数は998(同1062)銘柄、値下がり銘柄数は849(同756)銘柄。

 また、東証33業種別指数は20業種(前引けは19業種)が値上がりし、値上がり率上位の業種は、電力・ガス、空運、陸運、情報・通信、建設、サービス、その他製品、倉庫・運輸、化学、食料品、などとなった。
◎日刊株式投資情報新聞(無料)登録受付中!


提供 日本インタビュ新聞 Media-IR at 15:52 | 今日のマーケット