IRセミナー
12/6(水)=アルコニックス、ハーツユナイテッドグループ

株式投資情報動画配信 日本インタビュ新聞社 - You Tube

株式投資情報動画配信 日本インタビュ新聞社 - You Tube

2017年03月14日

【株式市場】日経平均はわずか37円幅の小動きに終始し軟調だが材料株や好業績株が高い

◆日経平均の前引けは1万9619円14銭(14円61銭安)、TOPIXは1575.06ポイント(2.34ポイント安)、出来高概算(東証1部)は8億1715万株

チャート5 14日(火)前場の東京株式市場は、米FOMC(連邦公開市場委員会)を14〜15日に控えて円相場に不透明感が言われ、キヤノン<7751>(東1)が朝方を除いて軟調など主力株に重さがあった。日経平均は朝方の3円8銭高(1万9637円55銭)を除くと軟調に推移し、前引けは14円61銭安(1万9619円14銭)。高値と安値の差がわずか37円にとどまり小動きとなった。東証2部指数は高いがマザーズ指数、日経JASDAQ平均は安い。

 三菱重工業<7011>(東1)が造船事業の分社化を検討との報道や米国の原子力発電所に係る仲裁裁定などを材料に大きく出直り、出光興産<5019>(東1)はサウジ経済協力などが材料視されて高い。イーブックイニシアティブジャパン<3658>(東1)は四半期決算が好感されて連日急伸。クラウドワークス<3900>(東マ)は政府のフリーランス勤労者支援政策などが好感されて急伸。フォーバル・リアルストレート<9423>(JQS)は11年ぶりの復配などが好感されて急伸。

 東証1部の出来高概算は8億1715万株、売買代金は8266億円。1部上場2004銘柄のうち、値上がり銘柄数は821銘柄、値下がり銘柄数は976銘柄となった。(HC)
◎日刊株式投資情報新聞(無料)登録受付中!


提供 日本インタビュ新聞 Media-IR at 11:55 | 今日のマーケット