スマートフォン解析
株式投資情報動画配信 日本インタビュ新聞社 - You Tube

株式投資情報動画配信 日本インタビュ新聞社 - You Tube

2017年03月16日

【業績でみる株価】ACCESSは17年1月期計画超の営業黒字化、18年1月期も大幅増益予想

 ACCESS<4813>(東マ)に注目したい。携帯電話向け組み込みソフト開発からIoT分野、電子出版分野、ネットワーク分野に展開している。3月15日発表した17年1月期連結業績は計画超の営業黒字化となった。そして18年1月期も大幅増益予想である。株価は安値圏モミ合いから上放れの動きを強めている。収益改善を評価して上値を試す展開が期待される。

 17年1月期連結業績は、売上高が16年1月期比3.1%減の66億27百万円、営業利益が5億99百万円の黒字(16年1月期は1億14百万円の赤字)、経常利益が3億92百万円の黒字(同27百万円の黒字)、純利益が3億14百万円の黒字(同13億18百万円の赤字)だった。

 計画に対して、売上高は4億72百万円下回り微減収だが、営業利益は4億49百万円、経常利益は2億42百万円、純利益は2億34百万円それぞれ上回り、営業黒字化、最終黒字化した。売上高では海外における営業活動の停滞や、ネットワークソフトウェア事業における新規事業の立ち上がり遅れが影響したが、利益面では開発案件の管理強化による原価改善や販管費削減の取り組みが寄与した。なお純利益については16年1月期計上した事業構造改革費用の一巡も寄与した。

 そして18年1月期の連結業績予想は、売上高が17年1月期比13.2%増の75億円、営業利益が同33.5%増の8億円、経常利益が同2.0倍の8億円、純利益が同90.5%増の6億円としている。需要が堅調に推移して収益改善が期待される。

 株価は安値圏600円〜700円近辺でのモミ合いから上放れの動きを強めている。本日(3月16日には894円まで上伸する場面があった。週足チャートで見ると26週移動平均線が上向きに転じて下値を支える形となった。基調転換の動きだ。収益改善を評価して上値を試す展開が期待される。(MM)

◎日刊株式投資情報新聞(無料)登録受付中!


提供 日本インタビュ新聞社 Media-IR at 10:42 | 業績でみる株価