株式投資情報動画配信 日本インタビュ新聞社 - You Tube

株式投資情報動画配信 日本インタビュ新聞社 - You Tube

2017年03月16日

【業績でみる株価】M&Aキャピタルパートナーズは17年9月期第2四半期累計業績予想を増額修正、通期も上振れ期待

 M&Aキャピタルパートナーズ<6080>(東1)は16日、700円高(17.63%高)の4670円とストップ高している。事業承継案件に強みを持つ独立系のM&A仲介会社である。3月15日、17年9月期第2四半期累計業績予想の増額修正を発表した。通期予想についても上振れ期待が高まる。株価は上場来高値更新の展開だ。急伸後の自律調整が完了し、増額修正を評価して上値を試す展開が期待される。

 17年9月期第2四半期累計(10〜3月)の連結業績について、売上高を16億63百万円増額して46億72百万円、営業利益を10億77百万円増額して21億67百万円、経常利益を11億12百万円増額して21億51百万円、純利益を6億49百万円増額して13億63百万円とした。第2四半期(1〜3月)も成約件数が好調に推移し、さらに大型案件の複数成約も見込まれるため、売上高・利益とも大幅増額修正となった。

 通期の連結業績予想については、前回予想を据え置いて、売上高が59億41百万円、営業利益が21億77百万円、経常利益が21億23百万円、純利益が15億06百万円としている。

 M&A仲介事業の性質上、不確定要素が多く、第3四半期(4〜6月)および第4四半期(7〜9月)の成約件数や、売上高の動向を十分に見極める必要があるとしている。通期予想に対する修正後の第2四半期累計の進捗率は売上高78.6%、営業利益99.5%、経常利益101.3%、純利益90.5%と高水準であり、通期予想についても上振れ期待が高まる。(MM)

◎日刊株式投資情報新聞(無料)登録受付中!


提供 日本インタビュ新聞社 Media-IR at 10:51 | 業績でみる株価