スマートフォン解析
株式投資情報動画配信 日本インタビュ新聞社 - You Tube

株式投資情報動画配信 日本インタビュ新聞社 - You Tube

2017年03月16日

【業績でみる株価】ハイアス・アンド・カンパニーは17年4月期第3四半期累計増収増益と順調、5月1日付の株式3分割も発表

 ハイアス・アンド・カンパニー<6192>(東マ)は16日、198円高(11.99%高)の1850円まで上げて急反発している。高性能デザイナーズ住宅など住宅関連に特化したコンサルティング会社である。3月15日発表した17年4月期第3四半期累計の連結業績は増収増益と順調だった。そして5月1日付での株式3分割も発表した。株価は戻り一服の形だが、株式分割も好感して上値を試す展開が期待される。

 17年4月期第3四半期累計(5月〜1月)の連結業績は、売上高が前年同期比23.2%増の29億06百万円、営業利益が同4.7%増の1億94百万円、経常利益が同4.7%増の1億95百万円、純利益が同4.0%増の1億19百万円だった。

 主力の高性能デザイナーズ住宅R+house事業において、会員数の増加に伴って受注数が伸長し、ロイヤルティ収入が堅調に推移した。広告宣伝費などの先行投資負担を吸収して増収増益だった。

 通期の連結業績予想は据え置いて、売上高が前期比21.7%増の38億84百万円、営業利益が同18.7%増の2億89百万円、経常利益が同27.7%増の2億91百万円、純利益が同28.3%増の1億84百万円としている。通期ベースでも好業績が期待される。

 なお株式分割を発表した。17年4月30日を基準日(効力発生日17年5月1日)として、1株を3株に分割する。

 株価は1000円近辺での下値固めが完了、本日16日は198円高(11.99%高)の1850円まで上げて急反発している。週足チャートで見ると13週移動平均線が接近して自律調整一巡感を強めている。株式分割も好感して上値を試す展開が期待される。16年4月IPO時の高値2829円も視野に入りそうだ。(MM)
◎日刊株式投資情報新聞(無料)登録受付中!


提供 日本インタビュ新聞社 Media-IR at 10:56 | 業績でみる株価