IRセミナー
5/30(火)=マーキュリアインベストメント、JPホールディングス

株式投資情報動画配信 日本インタビュ新聞社 - You Tube

株式投資情報動画配信 日本インタビュ新聞社 - You Tube

2017年03月17日

北越銀行は10年ぶりの高値、第四銀行と「経営統合に関して検討」など好感

■米国債の利回り上昇(値段は下落)によるリスク不安が後退する雰囲気

 北越銀行<8325>(東1)は17日の後場、一段ジリ高となり、13時30分にかけて5%高の2895円(147円高)まで上げて2007年以来約10年ぶりの高値に進んだ。「新潟県の第四銀行(新潟市)と北越銀行(長岡市)が経営統合に向けて最終調整に入った。来春をメドに持ち株会社をつくって両行がぶら下がり、将来的な合併も検討する」(日本経済新聞17日付朝刊)と伝えられた。第四銀行<8324>(東1)は朝方495円(5円高)まで上げたが軟調小動き。

 一方、北越銀行は東証IR開示で「同行との経営統合に関して検討を行っていることは事実だがが、現時点で決定している事実はない。今後開示すべき事実が発生した場合は、速やかに開示する」と発表した。

 なお、3月10日には、米国国債の利回り上昇(値段は下落)傾向などを受けて金融庁が地銀の運用リスクを注視し、立ち入り検査の第一弾として、荘内銀行・北都銀行のフィデアホールディングス<8713>(東1)、新潟県の北越銀行<8325>(東1)、岐阜県の十六銀行<8356>(東1)に検査を開始すると伝えられた。しかし、本日は統合の検討が明らかになったため、こうしたリスクに関する不安感が後退する雰囲気がある。(HC)

◎日刊株式投資情報新聞(無料)登録受付中!


提供 日本インタビュ新聞 Media-IR at 13:43 | 株式投資ニュース