IRセミナー
12/6(水)=アルコニックス、ハーツユナイテッドグループ

株式投資情報動画配信 日本インタビュ新聞社 - You Tube

株式投資情報動画配信 日本インタビュ新聞社 - You Tube

2017年03月20日

ベステラの今18年1月期業績予想は大幅増収増益を見込む

■高度経済成長期に建造された設備の解体、更新時期が到来

 プラント解体のベステラ<1433>(東マ)の今18年1月期業績予想は、大幅増収増益を見込む。

 今18年1月期業績予想は、前期から繰り越された工事の収益が計上されることから、売上高57億円(前期比36.3%増)、営業利益5億64百万円(同41.9%増)、経常利益5億33百万円(同31.8%増)、純利益3億60百万円(同32.8%増)を見込む。

 同社が得意とするプラント解体事業は、高度経済成長期に建造された設備が、物理的な老朽化に加え、経済的陳腐化等の理由により解体、更新時期が到来していることから、今後、需要が拡大するものと予想されている。

 プラント解体事業では、同社は実績に加え、特許を持っていることから、JFEグループを始めとして、新日鉄住金グループ、戸田建設、東京エネシス、IHIグループ等の大企業を主要顧客としている。

 なお、17年1月期の決算発表とともに、中期経営計画も発表している。

◎日刊株式投資情報新聞(無料)登録受付中!


提供 日本インタビュ新聞 Media-IR at 08:27 | 決算発表記事情報