スマートフォン解析
株式投資情報動画配信 日本インタビュ新聞社 - You Tube

株式投資情報動画配信 日本インタビュ新聞社 - You Tube

2017年03月21日

新規上場の「一風堂」こと力の源ホールディングスは買い気配のまま公開価格の15%高(9時30現在)

■本日は2銘柄が新規上場し、インターネットインフィニティーも買い気配

 21日新規上場となった力の源ホールディングス<3561>(東マ・売買単位100株)は博多ラーメン店「一風堂」の経営企業で、製麺事業、コンサルティング事業なども展開。2008年にニューヨークに出店し、店舗数は国内126店、海外12カ国63店(2016年12月末現在)。アジア地域では日本発の有名店としてテレビなどで採り上げられたことがあり注目度が高いようだ。

 買い気配をセリ上げる始まりとなり、9時30分現在は公開価格600円を15%上回る690円の買い気配となり、まだ初値はついていない。

 会社発表の2017年3月期の業績見通し(連結)は、売上高が前期比7.0%増の223億1600万円、営業利益は同20.1%増の6億300万円、純利益は同2.1の2億6200万円、1株利益は25円41銭。

 公開価格でのPERは23.6倍になり、たとえばハイデイ日高(7611)のPER25倍前後、 リンガーハット(8200)のPER42倍台 、王将フードサービス(9936)のPER26倍台などが参考にされている。

 また、同じく本日上場のインターネットインフィニティー<6545>(東マ・売買単位100株)も買い気配をセリ上げている。(HC)
◎日刊株式投資情報新聞(無料)登録受付中!


提供 日本インタビュ新聞 Media-IR at 09:37 | 新規上場(IPO)銘柄