IRセミナー
5/30(火)=マーキュリアインベストメント、JPホールディングス

株式投資情報動画配信 日本インタビュ新聞社 - You Tube

株式投資情報動画配信 日本インタビュ新聞社 - You Tube

2017年04月10日

上場3日目のテモナは高値更新、比較対象銘柄Hameeの好業績も好感

■大幅増益の見込みで当面はPERよりも株価の「大台」が意識される様子

 東証マザーズに6日上場したテモナ<3985>(東マ・売買単位100株)は10日、取引開始後に8800円(1000円高)まで上げて高値を更新した。初値が公開価格(2550円)の3.2倍の8050円となり人気の強さを示したほか、比較対象銘柄のひとつとされるHamee(ハミィ)<3134>(東1)が7日の取引終了後に増配を発表したため連想買いが入ったとの見方も出ている。

 ソフトウェア開発やネット広告の企画販売、電子商取引(EC)関連の付帯サービスなどを行い、EC支援サービスサイト「たまごリピート」などを運営。業績は大幅拡大が続く見通しで、会社発表の今期・2017年9月期の業績見通し(非連結)は、売上高が前期比32.2%増の10億3900万円、営業利益は同47.9%増の1億9000万円、純利益は同58.2%増の1億3700万円、1株利益は119円29銭。PERは70倍を超えるが、このところの上場ラッシュの中でも好人気銘柄のため、当面はPERよりも9000円、1万円といった「大台」が意識される銘柄との見方がある。

 また、Hameeも今4月期の業績見通しを3月に増額修正し、売上高を前期比22%の増加、純利益は同じく2.1倍の見込みとするなど大幅増益の見通しとした。(HC)
◎日刊株式投資情報新聞(無料)登録受付中!


提供 日本インタビュ新聞 Media-IR at 10:06 | 新規上場(IPO)銘柄