株式投資情報動画配信 日本インタビュ新聞社 - You Tube

株式投資情報動画配信 日本インタビュ新聞社 - You Tube

2017年04月10日

【株式市場】円安をひとまず好感し日経平均は一時186円高となり好業績株が強い

◆日経平均の前引けは1万8786円72銭(122円09銭高)、TOPIXは1498.00ポイント(8.23ポイント高)、出来高概算(東証1部)は9億1917万株

チャート4 10日(月)前場の東京株式市場は、米空母の北朝鮮けん制報道を受けて石川製作所<6208>(東1)などの防衛関連株が軒並み高となった一方、円相場が1ドル111円台に入り、前週末の同110円台から円安進行となったため自動車株や鉄鋼株も強くなり、日経平均は135円高で始まった後10時にかけて186円17銭高(1万8850円80銭)まで上げた。「必ずしも好ましい円安ではない」(市場関係者)との見方もあったが、前引けは122円09銭高(1万8786円72銭)となった。主な株価指数の中では東証2部指数が安い。

 円安恩恵銘柄の中ではファナック<6954>(東1)が軟調など、必ずしも円安が全面歓迎される展開にはならなかったが、株価指数先物が強く全体を吊り上げたとの見方があった。ペプチドリーム<4587>(東1)が米社との共同研究契約を材料にストップ高買い気配となり、サイバーステップ<3810>(東マ)も業績予想の大幅増額が好感されてストップ高買い気配。ブロッコリー<2706>(JQS)は2月決算で示した今期見通しなどが好感されて急伸。

2009年以来約8年ぶりに再上場のウェーブロックホールディングス<7940>(東2・売買単位100株)は9時6分に公開価格750円を小幅下回る721円で売買が成立し、その後743円まで上げて売買をこなし、前引けは708円。

 東証1部の出来高概算は9億1917万株、売買代金は9745億円。1部上場2013銘柄のうち、値上がり銘柄数は1407銘柄、値下がり銘柄数は502銘柄となった。(HC)
◎日刊株式投資情報新聞(無料)登録受付中!


提供 日本インタビュ新聞 Media-IR at 11:58 | 今日のマーケット