スマートフォン解析
株式投資情報動画配信 日本インタビュ新聞社 - You Tube

株式投資情報動画配信 日本インタビュ新聞社 - You Tube

2017年04月13日

【株式市場】5ヵ月ぶり円高の1ドル108円台が響き日経平均はが3日続落となり年初来の安値を更新

◆日経平均の大引けは1万8426円84銭(125円77銭安)、TOPIXは1468.31ポイント(11.23ポイント安)、出来高概算(東証1部)は19億5868万株

チャート14 13日後場の東京株式市場は、円高の進行は止まったが5ヵ月ぶりの1ドル108円台を保ったため手控え色が強く、前場は小高かったファーストリテイリング<9983>(東1)などが下げ歩調を強めた。日経平均は前場の安値(212円17銭安の1万8340円44銭)を割らなかったが上値を重く、大引けにかけて多少持ち直したが3日続落の年初来安値更新となった。東証2部指数、マザーズ指数、日経JASDAQ平均などはそろって安い。

 後場は、日本金銭機械<6418>(東1)がカジノ導入を巡る期待などから堅調に転じてさらにジリ高となり、ペプチドリーム<4587>(東1)は技術供与先からのロイヤリティ収入などが材料再燃となり反発。関西電力<9503>(東1)ぷらっとホーム<6836>(東2)はインテルが両社とともにスマートホームを実現するIoTプラットフォームの実証実験を開始と発表したため期待が集まり急伸。インテリジェント ウェイブ<4847>(JQS)は大手損害保険からAI(人工知能)技術を活用した新製品「OpAI(オーピーエーアイ)」を利用した開発プロジェクトを受注したことなどが言われて一段ジリ高。

 東証1部の出来高概算は19億5868万株(前引けは9億7324万株)、売買代金は2兆2590億円(同1兆708億円)。1部上場2015銘柄のうち、値上がり銘柄数は543(同343)銘柄、値下がり銘柄数は1374(同1591)銘柄。

 また、東証33業種別指数は電力・ガス、水産・農林、パルプ・紙、の3業種のみ値上がり(前引けは電力・ガス、水産・農林の2業種のみ値上がり)した。(HC)
◎日刊株式投資情報新聞(無料)登録受付中!


提供 日本インタビュ新聞 Media-IR at 16:19 | 今日のマーケット