株式投資情報動画配信 日本インタビュ新聞社 - You Tube

株式投資情報動画配信 日本インタビュ新聞社 - You Tube

2017年04月19日

【株式市場】北朝鮮情勢に不透明感ありTOPIXは軟調だが日経平均は小幅続伸

◆日経平均の終値は1万8432円20銭(13円61銭高)、TOPIXは1471.42ポイント(0.11ポイント安)、出来高概算(東証1部)は19億5291万株

チャート2 19日後場の東京株式市場は、北朝鮮を巡る動向に目新しいニュースなどがなく、いぜん不透明感が漂う中で、三井住友フィナンシャルグループ<8316>(東1)などの大手銀行株が一段ジリ高傾向となり、ファナック<6954>(東1)は中国での需要旺盛との報道などを背景に13時過ぎから一段ジリ高。日経平均は13時過ぎから前日比プラス圏に浮上し、14時20分頃に本日の高値49円14銭高(1万8467円73銭)をつけた。大引けも堅調で3日続伸。TOPIXは小安くなったが、東証2部指数、マザーズ指数、日経JASDAQ平均なども高い。

 後場は、中部飼料<2053>(東1)が業績・配当予想の増額などを好感して一段高となり、サッポロホールディングス<2501>(東1)はJPモルガン証券による目標株価の引き上げが言われて本日の高値圏で推移。JPホールディングス<2749>(東1)は政府や東京都の育児政策などに期待再燃とされて一段ジリ高。シャープ<6753>(東2)も高い。レアジョブ<6096>(東マ)はオンライン英会話の子供向け拡大などが言われて出直り拡大。遠州トラック<9057>(JQS)はアマゾン・ドットコムとの取引拡大期待などで大幅続伸。

 東証1部の出来高概算は19億5291万株(前引けは9億1691万株)、売買代金は2兆3172億円(同1兆403億円)。1部上場2015銘柄のうち、値上がり銘柄数は1043(同1303)銘柄、値下がり銘柄数は820(同588)銘柄。

 また、東証33業種別指数は17業種(前引けは14業種)が値上がりし、値上がり率上位の業種は、水産・農林、電気機器、サービス、情報・通信、その他製品、化学、パルプ・紙、医薬品、その他金融、小売り、電力・ガス、銀行、などとなった。(HC)
◎日刊株式投資情報新聞(無料)登録受付中!


提供 日本インタビュ新聞 Media-IR at 15:54 | 今日のマーケット