スマートフォン解析
IRセミナー
10/25(水)=メディアグループ 三栄建築設計、CRIミドルウェア

株式投資情報動画配信 日本インタビュ新聞社 - You Tube

株式投資情報動画配信 日本インタビュ新聞社 - You Tube

2017年04月20日

上場3日目の旅工房が高値を更新、旅行サイト銘柄の中で割安感

■2017年3月期の連結営業利益は9.7%増、純利益は15.7%増を見込む

 旅工房<6548>(東マ・売買単位100株)は20日、上値を追う始まりとなり、取引開始後に16%高の4795円(655円高)まで上げて高値を更新した。海外旅行の情報提供やパッケージツアーを販売するインターネットサイト「旅工房」の運営などを行い、4月18日に上場。PER比較では、オンライン旅行サイト銘柄の中で割安との見方が出ている。

 会社発表の2017年3月期の業績見通し(連結)は、売上高が前期比1.5%増の220.13億円、営業利益は同9.7%増の2.53億円、純利益は同15.7%増の1.56億円、予想1株利益は86円99銭。PERは55倍前後になり、オープンドア(3926)のPER40倍台後半、エボラブルアジア(6191)のPER70倍前後などとの比較ではまだ割安ゾーンの圏内との見方がある。(HC)

◎日刊株式投資情報新聞(無料)登録受付中!


提供 日本インタビュ新聞 Media-IR at 09:41 | 新規上場(IPO)銘柄