スマートフォン解析
株式投資情報動画配信 日本インタビュ新聞社 - You Tube

株式投資情報動画配信 日本インタビュ新聞社 - You Tube

2017年05月16日

アルコニックスは高値更新後の一服に注目、営業益など拡大続き積極投資も継続

■前期は高機能電子部品部材など大幅に伸び今期はプレス大手のグループ化も寄与

 アルコニックス<3036>(東1)は16日の後場、13時を過ぎて2000円(21円安)前後で推移し、15日の年初来高値更新(30円高の2021円)からは上げ一服となっている。ただ、15日の正午過ぎに前期・2017年3月期の連結決算を発表し、この日は午後活況高。16日も発表前の水準(1970円前後)を下回らずに推移しているため、テクニカル的に見ても高値更新後の小休止と見ることができるようだ。

 17年3月期は、業界全体としてはスマートフォンやタブレット向け需要の頭打ち、中国経済鈍化の影響などがあったが、同社は高機能電子部品向け部材が大幅に伸びたほか、二次電池関連部材も拡大した。また、下期に入っての非鉄市況の回復効果などを取り込み、売上高は前期比0.1%増加して2019.48億円となり、営業利益は同9.9%増加して41.68億円となった。純利益については、前の期に平和金属株式会社を連結子会社化したことによる「負ののれん」発生益を計上したことの反動減により、同38.1%減の30.83億円となった。

 今期・18年3月期の見通しは、アルミ銅を中心とした非鉄市況の回復、レアメタル・レアアースの市況底打ち傾向が追い風になると見るほか、デンソー<6902>(東1)などを大口顧客に持つ株式会社富士プレス(愛知県)を18年4月に連結子会社化した効果などが加わり、連結業績見通しを売上高は2200億円(前期比8.9%増)、営業利益を46億円(同10.4%増)とし、純利益は特別利益の反動などが平準化して34.5億円(同11.9%増)、1株利益は267円57銭の見込みとした。

 また、定期的に見直すローリング方式の3ヵ年中期計画では、今期・18年3月期を含む3年間で前出・富士プレスのグループ化をはじめとする250億円規模の投融資を計画し、製造業以外にもリサイクルセンター、商社、問屋、小売りなどのグループ化も推進する。(HC)

◎日刊株式投資情報新聞(無料)登録受付中!


提供 日本インタビュ新聞 Media-IR at 13:54 | 株式投資ニュース