スマートフォン解析

株式投資情報動画配信 日本インタビュ新聞社 - You Tube

株式投資情報動画配信 日本インタビュ新聞社 - You Tube

2017年05月17日

【銘柄フラッシュ】マルコなど急伸しメディカル・データ・ビジョンは新法案のフォロー期待され3日続伸

 17日は、ジーンズメイト<7448>(東1)が業績見通しの増額などを材料に2日連続ストップ高の21.2%高となり東証1部の値上がり率1位。オルトプラス<3672>(東1)は決算発表が峠を越えて好業績銘柄を見直す動きがあるとされ、赤字縮小が再評価される様子で15.1%高となり東証1部の値上がり率2位。エムアップ<3661>(東1)は15日に発表した前3月期決算や今期見通しなどへの評価が衰えず、ストップ高の12.7%高と連日大幅高になり東証1部の値上がり率3位。物語コーポレーション<3097>(東1)は4月の月次動向が好調で大きく出直り4.7%高。メディカル・データ・ビジョン<3902>(東1)は政府が3月に閣議決定した医療ビッグデータ活用法案に押されて生保などが動き出すとの報道を受けて先行性が改めて浮き彫りになり4.0%高と3日続伸。

 マルコ<9980>(東2)は12日の決算見通し増額発表や15日の決算発表、株主優待の拡充などが好感され2日連続ストップ高の39.2%高。マーキュリアインベストメント<7190>(東2)は12日発表の四半期業績を再評価とされて3.0%高となり戻り高値を更新。

 ASJ<2351>(東マ)はオレゴン州立大学との共同研究に関する発表が好感され、今期は黒字化の見通しとあって材料に反応しやすいとされストップ高の21.5%高。エディア<3935>(東マ)は17日付けで位置情報ゲームの最新作を発表し後場ストップ高の21.0%高。CRI・ミドルウェア<3698>(東マ)は圧電ブザーを使って通常のスピーカーを用いた場合と比べて5分の1から10分の1のコストで高音質な音声ガイドを発生させることを実現し実用化第一弾としてガス警報機メーカーに採用されブザー音を音声で警報する新製品を開発との発表が好感されて4.1%高と出直り拡大。

 LCホールディングス<8938>(JQG)は15日発表の決算などが好感されて一時2日連続ストップ高の27.9%高となり大引けも24.7%高。イデアインターナショナル<3140>(JQG)は株式分割などが好感されて2日連続ストップ高の21.2%高となった。(HC)
◎日刊株式投資情報新聞(無料)登録受付中!


提供 日本インタビュ新聞 Media-IR at 16:49 | 株式投資ニュース