株式投資情報動画配信 日本インタビュ新聞社 - You Tube

株式投資情報動画配信 日本インタビュ新聞社 - You Tube

2017年06月14日

ヤーマンは最高益決算や株式分割が好感されて上場来の高値

■17年10月末現在の株主を対象に10分割

 美容家電のヤーマン<6630>(東1)は14日、急伸して始まり、取引開始後に13%高の8300円(930円高)まで上げて上場来の高値に進んだ。13日の取引終了後に2017年4月期の連結決算と株式分割を発表し、好感買いが再燃した。

 17年4月期の連結売上高は前期比22.4%増加して199.7億円となり、営業利益は家電量販店向けや免税店向けの店販部門の収益が大幅に伸び、同3.4倍の35.0億円となった。純利益など軒並み過去最高を更新した。今期・18年4月期の見込みは、売上高を4%の増加、営業利益を5%の増加とするなどで伸び率はヒトケタとしたが、最高益を続けて更新する。

 また、17年10月末現在の株主を対象に、保有株式を1株につき10株に分割する。これを加味した18年4月期の予想1株利益は40円83銭。10月に向け、さざ波のように分割期待相場が繰り返し到来すると期待する様子がある。(HC)
◎日刊株式投資情報新聞(無料)登録受付中!


提供 日本インタビュ新聞 Media-IR at 10:03 | 株式投資ニュース