スマートフォン解析
IRセミナー
10/25(水)=メディアグループ 三栄建築設計、CRIミドルウェア

株式投資情報動画配信 日本インタビュ新聞社 - You Tube

株式投資情報動画配信 日本インタビュ新聞社 - You Tube

2017年06月18日

燦キャピタルマネージメントは子会社SGPE社の国内事業会社の株式取得を発表

■ラ・ベリータ社の発行済株式60株のうち31株をSGPE社が取得

 燦キャピタルマネージメント<2134>(JQS)は、100%子会社のSGPE社が、現在、太陽光発電事業の土地を保有している国内事業会社の株式の一部取得決定を発表した。なお、太陽光発電事業は既に売電を開始している。

 同社とSGPE社は、国内外におけるクリーンエネルギー関連事業の投資案件の一つとして、千葉県大多喜町で進行している大多喜/太陽光発電事業に対する投資について、SGPE社が窓口となり、タイのエネルギー投資会社との共同事業、または当該投資会社単独での事業のアレンジメントを模索していた。

 大多喜/太陽光発電事業は、発電事業者と事業用地の保有者が分かれているため、土地の大半及びその周辺土地合計約574,000 uを所有するラ・ベリータ社の発行済株式60株のうち、31株(51.67%)をSGPE社が取得することを決定した。なお、ラ・ベリータ社は、シンガポールの投資会社ORCHID社が100%の株式を保有している。

 ラ・ベリータ社は、大多喜/太陽光発電事業で、発電事業者と地上権設定契約を締結済で、20年間で総額10億円を超える事業収益を見込んでいる。

 今回、同社から取締役2名を派遣し、ラ・ベリータ社の行う事業を同社連結孫会社として取込み、同社グループの収益として獲得することを計画している。

◎日刊株式投資情報新聞(無料)登録受付中!


提供 日本インタビュ新聞 Media-IR at 17:24 | IR企業情報