株式投資情報動画配信 日本インタビュ新聞社 - You Tube

株式投資情報動画配信 日本インタビュ新聞社 - You Tube

2017年06月19日

ゼンリンが年初来の高値、自動運転技術に関連し大手証券の投資判断引き上げなど好感

■「島しょ部」の住宅地図も初出版し全市区町村の地図データ創業記念日に完成

 地図情報などのゼンリン<9474>(東1)は19日、10時30分を過ぎて6%高の2746円(162円高)前後で推移し、東証1部の値上がり率ランキング5位前後。一時8%高の2800円まで上げて約2週間ぶりに年初来の高値を更新した。産業革新機構などと自動運転用の高精度3D(3次元)地図データ研究・開発ベンチャー企業に出資するなど材料性があり、19日は、大和証券が投資判断をこれまでの「3」を「2」に引き上げ、目標株価も2440円から3120円に引き上げたと伝えられ、買い安心感が広がったようだ。

 16日付では、東京都の島しょ部7村の住宅地図帳を初めて出版したと発表。これにより、日本全国1741市区町村(市791、特別区23、町744、村183、北方4島を除く)の住宅地図データが全て整備できたとした。同日は同社の創業記念日。(HC)
◎日刊株式投資情報新聞(無料)登録受付中!


提供 日本インタビュ新聞 Media-IR at 10:53 | 株式投資ニュース