スマートフォン解析
株式投資情報動画配信 日本インタビュ新聞社 - You Tube

株式投資情報動画配信 日本インタビュ新聞社 - You Tube

2017年07月17日

【業績でみる株価】進和は年初来高値更新の展開、17年8月期第3四半期累計大幅増益で通期予想は増額の可能性

 自動車業界向け溶接装置・接合材料を主力とするメーカー兼商社である進和<7607>(東1)の17年8月期第3四半期累計は大幅増益だった。進捗率が高水準であり、通期予想は増額の可能性がありそうだ。株価は年初来高値更新の展開だ。好業績を評価して上値を試す展開が期待される。15年高値を突破すれば07年来の高値圏となる。

■17年8月期第3四半期累計大幅増益で通期予想に増額の可能性

 7月12日発表した17年8月期第3四半期累計(9月〜5月)の連結業績は、売上高が前年同期比14.8%増の386億57百万円、営業利益が同31.5%増の27億48百万円、経常利益が同28.2%増の27億49百万円、そして純利益が同33.8%増の18億78百万円だった。

 自動車業界における高水準の合理化・効率化投資、および研究開発投資を背景として、日本が12.4%増収、米国が54.0%増収、東南アジアが10.7%増収、中国が7.9%増収と、いずれも好調に推移した。

 通期の連結業績予想は売上高が16年8月期比10.8%増の510億円、営業利益が同11.8%増の34億円、経常利益が同11.3%増の34億50百万円、純利益が同8.8%増の22億50百万円としている。

 通期会社予想に対する第3四半期累計の進捗率は売上高が75.8%、営業利益が80.8%、経常利益が79.7%、純利益が83.5%と高水準である。通期会社予想は増額の可能性がありそうだ。

■株価は年初来高値更新の展開、好業績評価して上値試す

 株価は年初来高値更新の展開だ。7月13日には2292円まで上伸した。週足チャートで見ると13週移動平均線がサポートラインとなって上昇トレンドである。好業績を評価して上値を試す展開が期待される。15年6月高値2368円を突破すれば07年来の高値圏となる。(MM)

◎日刊株式投資情報新聞(無料)登録受付中!


提供 日本インタビュ新聞社 Media-IR at 17:24 | 業績でみる株価