スマートフォン解析

株式投資情報動画配信 日本インタビュ新聞社 - You Tube

株式投資情報動画配信 日本インタビュ新聞社 - You Tube

2017年07月25日

マルマエ:過去1年間の最高残高8.6億円へ更新(6月末)

■生産体制強化策、出荷検収など業績成果に反映!

 半導体・FPD製造装置用の真空部品など、精密切削加工のマルマエ<6264>(東マ)は、主力の半導体、FPDともに高水準の出荷検収を維持しながら、全体の受注残高は8億円を記録した5月実績を上回る866百万円となり、過去1年間の最高残高を更新した。

 各分野の受注残高では、著しい残高の伸びを維持している半導体分野で、生産体制を強化したことから出荷検収が進み、受注残高としては前月比9.1%減少し564百万円となったが、前年同期比236.8%増と大幅増を維持しており、この間に実施した生産体制強化策が、受注から納品過程での生産性アップに効果を発揮したものとして注目される。
 FPD分野も3月連続して増加、前月比30.1%増の278百万円であった。
その他分野は前月水準横這いの23百万円に止まった。

■生産能力増強へ継続的投資計画を検討〜3D NAND生産も視野に

 今後の見通しについて同社は、半導体分野の市場環境が好調に推移しており、生産能力の拡大を進めたことで、高水準な受注、順調な出荷検収を見込む。
 半導体分野は、製造工程のなかでも、特にエッチング工程・CVD工程・ALD工程については、3D NAND生産に対応する構造的な変化に伴い、中長期的な市場拡大に対応できる継続的な設備投資を検討している。
 FPD分野では、特に第10.5世代大型パネル向けと有機EL関連装置の需要が拡大するとみている。

分野別:過去一年間の四半期売上高と月次受注残高の推移
mm1.jpg


◎日刊株式投資情報新聞(無料)登録受付中!


提供 日本インタビュ新聞社 Media-IR at 15:32 | IR企業情報