スマートフォン解析
株式投資情報動画配信 日本インタビュ新聞社 - You Tube

株式投資情報動画配信 日本インタビュ新聞社 - You Tube

2017年07月31日

【業績でみる株価】ニイタカは日柄調整一巡して3月高値試す、18年5月期増収増益・連続増配予想で上振れ余地

 フード業界向けの業務用洗剤・洗浄剤、および固形燃料の製造・販売を主力としているニイタカ<4465>(東1)は、食の安全・安心意識の高まりを背景に18年5月期増収増益・連続増配予想である。保守的な印象が強く上振れ余地がありそうだ。株価は日柄調整一巡して3月の年初来高値を試す展開が期待される。15年4月の上場来高値も視野に入りそうだ。

■18年5月期増収増益・連続増配予想で上振れ余地

 17年5月期の連結業績は売上高が16年5月期比5.2%増の156億25百万円、営業利益が64.5%増の10億76百万円、経常利益が59.1%増の11億03百万円、純利益が64.1%増の7億78百万円だった。

 食の安全・安心意識の高まりを背景として、グループ製造品が5.9%増収と好調に推移した。特に除菌・消毒用アルコール製剤の売上が伸長した。仕入商品の売上も2.9%増収と順調だった。増収効果に加えて、コスト削減効果や原材料仕入価格下落も寄与して大幅増益だった。

 18年5月期の連結業績予想は売上高が17年5月期比7.5%増の168億円、営業利益が6.8%増の11億50百万円、経常利益が6.1%増の11億70百万円、純利益が2.8%増の8億円としている。

 食の安全・安心意識の高まりを背景に、新製品開発や衛生管理支援サービスの充実なども寄与して増収増益予想である。利益予想は保守的な印象が強く、上振れ余地がありそうだ。なお配当予想は1円増配の年間24円(第2四半期末12円、期末12円)としている。連続増配である。

■株価は日柄調整一巡して3月の年初来高値試す、15年の上場来高値も視野

 株価は1700円台での短期モミ合いから上放れの動きを強めている。7月28日には1830円まで上伸した。週足チャートで見ると26週移動平均線が接近して切り返す形となり、13週移動平均線を回復した。日柄調整一巡して3月の年初来高値1975円を試す展開が期待される。15年4月の上場来高値2100円も視野に入りそうだ。(MM)

◎日刊株式投資情報新聞(無料)登録受付中!


提供 日本インタビュ新聞社 Media-IR at 13:06 | 業績でみる株価