スマートフォン解析
株式投資情報動画配信 日本インタビュ新聞社 - You Tube

株式投資情報動画配信 日本インタビュ新聞社 - You Tube

2017年07月31日

【銘柄フラッシュ】神鋼鋼線工業はじめ神戸鋼グループが一斉高となり佐藤渡辺などはストップ高

 31日は、日本金属<5491>(東1)が前引け後に発表した第1四半期決算の大幅増益などを手がかりに一段高となり、大引けにかけて20.0%高まで上げて大引けも19.1%高で東証1部の値上がり率1位。エムアップ<3661>(東1)は「欅坂46」の公式アプリの事前登録者が予想を上回り第2弾キャンペーンを行うことなどが言われて後場一段高の17.2%高となり東証1部の値上がり率2位。日本高周波鋼業<5476>(東1)は28日に発表した第1四半期決算が好感されて16.8%高となり東証1部の値上がり率3位。

 神鋼鋼線工業<5660>(東2)は前週末に四半期決算を発表した神鋼商事<8075>(東1)や上記・日本高周波鋼業などの神戸製鋼グループが軒並み好業績だったため期待が集まり25.4%高のストップ高。ピクセラ<6732>(東1)は31日付で民泊向けIoTサービスに関する総務省からの認定とIoTプラットフォーム開発の受注を発表したことが注目されて後場活況高の10.9%高。

 アクセルマーク<3624>(東マ)は前週末に発表した第3四半期決算が好感されてストップ高の22.0%高。テモナ<3985>(東マ)は9月決算の最高益などに期待再燃とされて大幅反発の6.2%高。

 佐藤渡辺<1807>(JQS)は首都高速道路網の一部地下化を含むリニューアル構想が材料視されてストップ高の16.6%高。トーイン<7923>(JQS)は第1四半期決算が好感されてストップ高の16.3%高。八千代工業<7298>(JQS)は第1四半期決算などが好感されて10.2%高となった。(HC)
◎日刊株式投資情報新聞(無料)登録受付中!


提供 日本インタビュ新聞 Media-IR at 16:05 | 株式投資ニュース