株式投資情報動画配信 日本インタビュ新聞社 - You Tube

株式投資情報動画配信 日本インタビュ新聞社 - You Tube

2017年08月07日

【注目銘柄】メイテックは好業績評価して00年来高値圏、18年3月期第1四半期2桁営業増益で通期予想に増額余地

 メイテック<9744>(東1)に注目したい。設計・開発技術者派遣の大手である。18年3月期第1四半期は2桁営業増益だった。通期は減益予想だが、需要高水準で増額余地がありそうだ。株価は15年高値を突破して00年来高値圏である。好業績を評価して上値を試す展開が期待される。

■18年3月期第1四半期2桁営業増益で通期予想に増額余地

 7月27日発表した18年3月期第1四半期(4月〜6月)連結業績は、売上高が前年同期比4.3%増の227億63百万円、営業利益が14.9%増の27億53百万円、経常利益が14.8%増の27億52百万円、純利益が9.8%増の16億95百万円だった。

 前期に子会社アポロ技研を売却したことが約4億円の減収要因だったが、技術者派遣需要が高水準で配属が順調に推移した。稼働率上昇による売上総利益率改善などで2桁営業増益だった。17年6月末時点のグループ合計エンジニア社員数は9160名で16年6月末比418名増加した。

 通期連結業績予想は売上高が17年3月期比2.2%増の920億円、営業利益が6.7%減の104億円、経常利益が6.7%減の104億円、純利益が11.8%減の70億円としている。

 積極的な人材採用で減益予想としているが、通期予想に対する第1四半期の進捗率は売上高24.7%、営業利益26.5%、経常利益26.5%、純利益24.2%と順調である。需要が高水準であり、稼働率上昇効果も寄与して通期予想に増額余地がありそうだ。

■株価は好業績を評価して00年来高値圏、98年高値も視野

 株価は15年7月高値5120円を突破して、7月27日に5240円まで上伸した。00年来高値圏である。週足チャートで見ると13週移動平均線と26週移動平均線がサポートラインとなって上昇トレンドだ。好業績を評価して上値を試す展開が期待される。98年高値5700円も視野に入りそうだ。(MM)

◎日刊株式投資情報新聞(無料)登録受付中!


提供 日本インタビュ新聞社 Media-IR at 11:08 | 注目銘柄