IRセミナー
12/6(水)=アルコニックス、ハーツユナイテッドグループ

株式投資情報動画配信 日本インタビュ新聞社 - You Tube

株式投資情報動画配信 日本インタビュ新聞社 - You Tube

2017年08月07日

PALTEKはスカイロボットが発表したヘッドマウントディスプレイ「Boson/スカイスカウターIR」の開発を支援

■赤外線カメラに関するソフトウェア開発で商品開発をサポート

 PALTEK<7587>(東2)は、産業用ドローンの開発・販売を行う株式会社スカイロボット(東京都中央区)が発表した世界最軽量クラス・赤外線サーモグラフィカメラBosonを搭載したヘッドマウントディスプレイ「Boson/スカイスカウターIR」の開発を支援した。PALTEKは、「スカイスカウターIR」のソフトウェア全般を開発し、赤外線サーモグラフィカメラBosonの特徴を活かした製品の商用化をサポートした。

ir1.jpg

 スカイロボットは、既に赤外線カメラ世界最大手企業であるFLIR Systems社のドローン搭載用赤外線サーモグラフィカメラとFull HD可視光カメラを搭載したプロ用空撮ドローンを開発・販売している。
 
 このたびスカイロボットが開発した「スカイスカウターIR」は、赤外線映像を確認できるため、夜間など視界不良の環境下における人命救助や消防作業、点検作業、警備監視作業、野生動物観察などに活用できる。
 
 PALTEKは、日本においてFLIR社の提供する赤外線カメラモジュールに関する技術サポートやソフトウェア開発などを行っている唯一の会社である。FLIR社の技術パートナーとしてその技術、ノウハウを積み上げてきており、今回その経験を活かして、「スカイスカウターIR」用のアプリケーションソフトや専用ビューアなどのソフトウェア全般の開発を行った。

◎日刊株式投資情報新聞(無料)登録受付中!


提供 日本インタビュ新聞 Media-IR at 18:14 | 新製品&新技術NOW