株式投資情報動画配信 日本インタビュ新聞社 - You Tube

株式投資情報動画配信 日本インタビュ新聞社 - You Tube

2017年08月07日

【注目の決算】クレスコの第1四半期は受注残高が32%増加し2ケタ増益

■AI(人工知能)を本格導入の前に概念検証など可能な米IBM「Watson(ワトソン)」導入支援サービスも本格化

 ソフトウェア開発などの大手クレスコ<4674>(東1)は8月7日の取引終了後に2018年3月期・第1四半期(17年4〜6月)の連結決算を発表し、売上高は前年同期比9.2%増加して76.59億円となり、営業利益は同じく27.0%増加して5.97億円、純利益は同34.5%増加して4.95億円と2ケタ増益の好決算だった。

 第1四半期は、期初からおおむね順調に推移し、前期にややペースダウンしたグループ会社も好調な滑り出しに回復するなどで、連結ベースでも売上高目標や利益目標をクリアした。4月には、AI(人工知能)の活用ノウハウを提供する新サービスとして、本格導入の前に概念検証などができる米IBMのAI「Watson(ワトソン)」導入支援サービス「Minervae PoCKET(ミネルヴァポケット)」を開始した。また、6月には、AIとスマートフォンの無料通話アプリLINEを連携したコールセンター支援システムを開発した。

 連結ベースでの受注高は前年同期比15%増加し、受注残高は同じく32%増加。「完全にこなすためには、むしろプロジェクト管理などの面で気を引き締めなければならない気分になるほど」(同社)という増加ぶりだった。

 第2四半期、および3月通期の業績見通しは、現段階では期初予想を据え置き、通期の連結売上高は前期比7.5%増の332.0億円、営業利益は同10.8%増の30.0億円、純利益は同9.2%増の22.3億円、1株利益は196円64銭。IT人材に対する需要が全体に強まる傾向があるなど、部分的に厳しい状況はあるが、高品質の製品・サービスを最優先しながら、来期に向けた受注を確実に積み上げる姿勢を継続するとした。(HC)

◎日刊株式投資情報新聞(無料)登録受付中!


提供 日本インタビュ新聞 Media-IR at 18:32 | 注目銘柄