IRセミナー
12/6(水)=アルコニックス、ハーツユナイテッドグループ

株式投資情報動画配信 日本インタビュ新聞社 - You Tube

株式投資情報動画配信 日本インタビュ新聞社 - You Tube

2017年08月31日

【話題】死亡率20%の「マダニ」感染症など材料にアグロカネショウなど高い

■今年の発症者は8月6日までに統計開始後最大になり猛威と伝えられる

 農薬専業のアグロ カネショウ<4955>(東1)は31日の後場一段と強含み、取引開始後に1689円(67円高)まで上げて戻り高値を更新している。大型のダニ「マダニ」が原因とみられる疾患について、30日夜のNHKテレビ番組「クローズアップ現代」が「命を奪うマダニ感染症」と伝え、同社の殺ダニ剤「テデオン乳剤」などがクローズアップされている。また、「ヤブ蚊マダニジェット」のアース製薬<4985>(東1)も5350円(150円高)と高く、「ダニブロッカー」などがあるフマキラー<4998>(東2)も高い。

 「マダニ」が原因と見られる感染症「SFTS」(重症熱性血小板減少症候群)は、報道によると、「国内での死亡率は20%にのぼり」「ことしは発症者の数が8月6日までに64人と、統計があるここ5年間で最も多くなるなど猛威をふるっています」「数日から2週間ほどの潜伏期間のあと、発熱やせき、おう吐や下痢などの症状が現れ、重症の場合は、血液中の血小板が減少して出血が止まらなくなり死亡することもあります」(NHKニュースWEB8月30日配信記事より)という。

 株価材料としては思惑先行の域を出ず、「ヒアリ」問題が世間をにぎわせたときに似た一過性の動きになる可能性が高いとの見方もあるが、こうした材料は折に触れて蒸し返されることがあるため、関連銘柄をチェックする様子がある。防虫忌避素材などのニックス<4243>(JQS)も堅調に推移している。(HC)
◎日刊株式投資情報新聞(無料)登録受付中!


提供 日本インタビュ新聞 Media-IR at 13:20 | 話題