スマートフォン解析

株式投資情報動画配信 日本インタビュ新聞社 - You Tube

株式投資情報動画配信 日本インタビュ新聞社 - You Tube

2017年09月08日

【注目銘柄】ラクト・ジャパンは自律調整一巡して上値試す、17年11月期予想に再増額余地

 ラクト・ジャパン<3139>(東1)に注目したい。乳原料・チーズや食肉加工品の食品専門商社である。9月8日付で東証2部から東証1部に市場変更した。17年11月期は大幅経常増益予想である。そして再増額余地がありそうだ。株価は7月の上場来高値から一旦反落したが、自律調整が一巡し、好業績を評価して上値を試す展開が期待される。

■17年11月期大幅経常増益予想で再増額余地

 17年11月期連結業績予想(7月5日に増額修正)は、売上高が16年11月期比7.8%増の956億円、経常利益が40.8%増の20億20百万円、純利益が45.8%増の13億80百万円としている。

 付加価値の高い乳脂肪原料の販売数量増加、国内牛乳生産量減少を背景とする輸入乳原料の販売好調が牽引する。アジア事業においても、グローバルな仕入ネットワークを活用して販売数量が増加している。また為替の円安による為替差益も寄与する。

 第2四半期累計(12月〜5月)は売上高が前年同期比7.5%増収、経常利益が4.0倍増益、純利益が4.4倍増益だった。販売数量の増加で乳原料・チーズ部門が0.3%増収、食肉加工部門が9.6%増収、アジア事業その他部門が42.1%増収と好調に推移した。円安に伴う仕入原価の上昇で売上総利益は1.9%増、営業利益は4.8%減だが、営業取引における為替リスクヘッジの効果として営業外収益に為替差益を計上して大幅経常増益だった。

 通期会社予想に対する第2四半期累計の進捗率は売上高が48.6%、経常利益が87.7%、純利益が87.0%と高水準である。為替の影響を受けやすいが、通期会社予想に再増額余地がありそうだ。

■株価は自律調整一巡、好業績評価して上値試す

 株価は7月27日の上場来高値4660円から利益確定売りで一旦反落したが、大きく下押すことなく8月18日の直近安値3620円から切り返しの動きを強めている。週足チャートで見ると13週移動平均線がサポートラインとなって上昇トレンドである。自律調整が一巡し、好業績を評価して上値を試す展開が期待される。(MM)

◎日刊株式投資情報新聞(無料)登録受付中!


提供 日本インタビュ新聞社 Media-IR at 12:38 | 注目銘柄