スマートフォン解析

株式投資情報動画配信 日本インタビュ新聞社 - You Tube

株式投資情報動画配信 日本インタビュ新聞社 - You Tube

2017年09月10日

トランザスの第2四半期はIoTソリューションサービスが好調で売上・利益とも従来予想を上回る

■VARへのSTB(セットトップボックス)の納品が大幅に増加

 トランザス<6696>(東マ)の18年1月期第2四半期連結業績実績は、売上高は5億93百万円、営業利益は1億22百万円、経常利益は1億18百万円、当期純利益は8百万円となり、売上・利益とも従来予想を上回る。

 同社は、インターネットと人を繋ぐ終端となる端末であるターミナルと、それらを活用したシステム等をエンタープライズ向けに提供している。各サービスを見ると、IoTソリューションサービスでは、売上高の大部分を占めるターミナル販売が第2及び第4四半期に増加する傾向があり、映像配信分野で販売パートナーのVAR(Value Added Reseller)へのSTB(セットトップボックス)の納品が大幅に増加した。また、IT業務支援サービスでは、アプリケーションソフトウェアやシステムの開発などが、同社の安定的な収益基盤として業績に寄与した。さらに、IoTソリューションサービスの作業支援分野では、前年度に新たに提供を開始したウェアラブルデバイスの営業注力し、VARとともに工場や倉庫において実証実験を行い、事業拡大に向けた取り組みを進めている。

 今18年1月期業績予想は、売上高は12億52百万円(前期比19.1%増)、営業利益は2億56百万円(同43.8%増)、経常利益は2億43百万円(同31.7%増)、純利益は1億66百万円(同48.6%増)としている。

◎日刊株式投資情報新聞(無料)登録受付中!


提供 日本インタビュ新聞 Media-IR at 14:14 | 決算発表記事情報