IRセミナー
12/6(水)=アルコニックス、ハーツユナイテッドグループ

株式投資情報動画配信 日本インタビュ新聞社 - You Tube

株式投資情報動画配信 日本インタビュ新聞社 - You Tube

2017年09月10日

アイルの今期18年7月期連結業績予想は、東洋経済オンラインの予想数字を上回る

■最終利益は14年の過去最高3億52百万円を上回る見込み

 販売在庫管理システムのアイル<3854>(JQG)の今期18年7月期連結業績予想は、東洋経済オンラインの予想数字を上回る好業績を見込んでいる。

 同社グループは、ITの有効活用が必要な中堅・中小企業顧客の経営課題を解決するための商材を「リアル」と「Web」の両面から開発・提案し、顧客の企業力強化を図ることを「CROSS−OVER シナジー」戦略とし取り組んでいる。

 商談時の競合力を強化するだけでなく、顧客満足度も向上させるため、この戦略効果により、同社グループが重視するストック型ビジネス商材の販売実績が大きく伸長し、利益体質の強化が図られている。

 今期については、主力パッケージソフトウェア「アラジンオフィス」の業種別機能強化をはじめ、複数ネットショップ一元管理「CROSS MALL」、ポイント一元管理「CROSS POINT」等のWeb商材の製品力を強化し、「CROSS−OVER シナジー」戦略による、売上高の増加、利益率の追求、顧客満足度の向上に努めるとしている。

 その結果、18年7月期連結業績予想は、売上高92億円(前期比6.7%増)、営業利益5億20百万円(同20.3%増)、経常利益5億40百万円(同18,5%増)、純利益3億62百万円(同20.7%増)と14年の最高純利益3億52百万円を上回る見込み。

◎日刊株式投資情報新聞(無料)登録受付中!


提供 日本インタビュ新聞 Media-IR at 14:59 | 決算発表記事情報