IRセミナー
12/6(水)=アルコニックス、ハーツユナイテッドグループ

株式投資情報動画配信 日本インタビュ新聞社 - You Tube

株式投資情報動画配信 日本インタビュ新聞社 - You Tube

2017年09月12日

【話題】東京・上野動物園のパンダ生後3か月になり東天紅は波打ちながらもジリ高継続

■経済効果267億円?歩くようになったら「かわいい!めんこい!」で人気沸騰の予想も

 東天紅<8181>(東1)は12日の後場、2372円(55円高)で始まり、前場に続いて2日続伸となっている。東京・上野動物園で6月12日に生まれたパンダの人気にあやかれる銘柄のひとつと位置づけられ、波打ちながらもジリ高傾向を継続中。12日は、上野動物園が生後3か月目の会見を開き、「10日行った身体測定では、赤ちゃんは体重が5400グラム、体長が62.4センチで順調に成長を続けているという」(NHKニュースWeb12日12時24分配信より)などと伝えられた。

 東天紅は、同社ホームページ「新着情報」のコーナーで、「誕生おめでとうと」の文言とともに、オンラインショップで「かわいいパンダグッズ」を販売中とし、すでにパンダ人気を先取る。この子パンダ誕生による経済効果について、ネットで検索すると、「パンダ赤ちゃん経済効果267億円、13年の楽天優勝を上回る」(日本経済新聞2017年6月12日付電子版)、「都内の経済効果は年間267億円」(毎日新聞2017年6月13日付)などが出てくる。

 やはりパンダグッズを販売しているアメ横(上野・アメヤ横丁)のあるお店では、お客の流れを見て30年というベテラン氏が、「世の中、子供が少なくなってお年寄りが増えているからね、あの子パンダが歩くようになったら、世の中のおばあちゃんなんか、かわいい!めんこい!でワンサカ訪れると思うよ」と想像を巡らせているところだ。(HC)
◎日刊株式投資情報新聞(無料)登録受付中!


提供 日本インタビュ新聞 Media-IR at 13:11 | 話題