スマートフォン解析

株式投資情報動画配信 日本インタビュ新聞社 - You Tube

株式投資情報動画配信 日本インタビュ新聞社 - You Tube

2017年09月13日

日清紡HDは買い気配のままストップ高、コスト数千分の1の燃料電池に注目集中

■ここ4ヵ月ほど抑えられてきた水準を一気に突破し上値余地開ける

 日清紡ホールディングス<3105>(東1)は13日の前場、買い気配のままストップ高の1475円(300円高)に達し、11時を過ぎてもまだ売買が成立していない。13日付で「固体高分子形燃料電池の電極に用いるカーボンアロイ触媒の実用化」を発表し、「白金使わぬ燃料電池、材料コスト数千分の1」(日本経済新聞9月13日付朝刊)と伝えられ、注目が集中した。

 1400円台は2015年12月以来。ここ4ヵ月ほどは1200円前後で上値を抑えられる相場だったが、一気に突破したため上値余地が開け、15年の高値1600円台が展望できる相場になったとの見方が出ている。(HC)
◎日刊株式投資情報新聞(無料)登録受付中!


提供 日本インタビュ新聞 Media-IR at 11:34 | 株式投資ニュース