IRセミナー
12/6(水)=アルコニックス、ハーツユナイテッドグループ

株式投資情報動画配信 日本インタビュ新聞社 - You Tube

株式投資情報動画配信 日本インタビュ新聞社 - You Tube

2017年09月14日

【株式市場】円安やNYダウの連日最高値など好感され日経平均は底堅く新規上場銘柄は買い気配

◆日経平均の前引けは1万9873円62銭(7円80銭高)、TOPIXは1638.40ポイント(1.07ポイント高)、出来高概算(東証1部)は8億2587万株

チャート13 14日(木)前場の東京株式市場は、米卸売物価指数を受けた円安や、NYダウの連日最高値などが好感され、半導体関連株や自動車株、鉄鋼株などが続伸基調となり、日経平均は10時過ぎに52円57銭高(1万9918円39銭高)まで上げて8月9日以来の1万9900円台回復となった。ただ、このところ北朝鮮を巡る懸念が強まると上げてきた石川製作所<6208>(東1)が次第に上げ幅を広げたため警戒感を抱く様子もあり、日経平均の前引けは7円80銭高(1万9873円62銭)だった。東証2部指数、マザーズ指数、日経JASDAQ平均はそろって安い。

 東レ<3402>(東1)が高値を更新し、炭素繊維性の船舶推プロペラ登場との報道や証券会社による目標株価引き上げなどが好感され、7月決算が好調だった鳥貴族<3193>(東1)、業績予想を大きく増額した石井表記<6336>(東2)が急伸。ソレイジア・ファーマ<4597>(東マ)は伊藤忠商事との代理店契約が好感されて活況高。

 14日上場のウォンテッドリー<3991>(東マ)は買い気配のまま初値がつかず、前引けは公開価格1000円の70%高の1700円で買い気配。


 東証1部の出来高概算は8億2587万株、売買代金は1兆860億円。1部上場2028柄のうち、値上がり銘柄数は918銘柄、値下がり銘柄数は984銘柄となった。(HC)

◎日刊株式投資情報新聞(無料)登録受付中!


提供 日本インタビュ新聞 Media-IR at 12:01 | 今日のマーケット