IRセミナー
12/6(水)=アルコニックス、ハーツユナイテッドグループ

株式投資情報動画配信 日本インタビュ新聞社 - You Tube

株式投資情報動画配信 日本インタビュ新聞社 - You Tube

2017年09月14日

【銘柄フラッシュ】ダイニックなど急伸し14日上場のウォンテッドリーは買い気配のまま初値つかず

 14日は、北朝鮮のアジア地域関連組織が、日本列島を核兵器で海に沈め、国連を廃墟と暗黒にする、といった意味の声明を発したと伝えられ、防衛関連株の石川製作所<6208>(東1)が14時30分過ぎにかけて一段高の22%高となったが、その後は急速に値を消して9.5%高。このところ電磁波障害対策や核電磁攻撃を手がかりに人気の技研興業<9764>(東2)も後場急伸して一時ストップ高の16.6%高となったが、大引けは16.3%高。

 東証1部の値上がり率1位はダイニック<3551>(東1)となり、「iPhoneX」(アイフォーン・テン)の登場を契機とした有機ELパネル関連株人気の再燃に乗り「有機EL水分除去シート」が注目されストップ高の39.2%高。

 2位はHamee<3134>(東1)の15.7%高となり13日発表の四半期業績が好感されて急伸。

 3位はヤーマン<6630>(東1)となり、やはり13日発表の四半期業績が好感されてストップ高の15.1%高。

 14日上場のウォンテッドリー<3991>(東マ)は前後場とも買い気配をセリ上げて初値がつかず、大引けは公開価格1000円の2.3倍の2300円で買い気配。気配値で上げ続ける場合の本日上限値段に達した。

 石井表記<6336>(東2)は13日に通期業績予想の大幅増額を発表し一時ストップ高まで上げ、大引けも大幅高を保ち28.2%高。北日本紡績<3409>(東2)はアラミド繊維を生産し防衛関連株との位置づけで大きく出直り9.1%高。

 メディアシーク<4824>(東マ)はAI(人工知能)とともに最先端のBrainTech(脳神経科学)応用の新ソリューションサービスに取り組むことなどが注目されてストップ高の19.5%高。FRINGE81(フリンジハチイチ)<6550>(東マ)は社労使法人との提携などが好感されて出直りを強め9.9%高。

 第一化成<4235>(JQS)は2019年度までの3年中期計画順調との見方があり10.3%高。システムデイ<3804>(JQS)は14時に第3四半期決算を発表して一時20.2%高まで急伸し大引けは7.6%高となった。(HC)
◎日刊株式投資情報新聞(無料)登録受付中!


提供 日本インタビュ新聞 Media-IR at 17:12 | 株式投資ニュース