株式投資情報動画配信 日本インタビュ新聞社 - You Tube

株式投資情報動画配信 日本インタビュ新聞社 - You Tube

2017年09月29日

山下医科器械は光通信との資本業務提携を発表

■九州地区における医科向け「EPARK」の事業を共同で展開することに合意

 山下医科器械<3022>(東1)は、光通信との資本業務提携したことを発表した。

 同社と光通信は、九州地区における医科向け「EPARK」の事業を共同で展開することに合意した。光通信グループの強みであるITコンテンツとサービス展開力と、同社が九州地区で事業を展開してきた経験と知見を組み合わせることで、九州地区で医科向け「EPARK」を普及させる。

 具体的には、医科向け「EPARK」の順番待ち・時間予約機能や診察券機能を、顧客医療機関が導入することにより、患者の利便性が増し、医療機関においては集患や患者管理の充実が図られることから、同社の既存顧客はもとより新規開拓医療機関に対するサービスの提供を足掛かりに、同社の既存事業である医療機器販売への相乗効果が期待される。

 一方、光通信グループにとっては、同社の顧客基盤を活かすことで、九州地区における医科向け「EPARK」の早期展開が可能となる。

 この事業をスムースに進めるために、両社は資本業務提携を行った。その内容は、同社が、第三者割当により、光通信に同社の普通株式4万7533株を割り当てるというもの。
 さらに、光通信グループの九州地区「EPARK」事業子会社であるイーディライトは、10月20日に普通株式800株の第三者割当を行い、光通信が460株、同社が340株の引き受けを行う。

 業務提携の内容に関しては、医科向け「EPARK」の共同展開に関して、サービスの共同開発・販売協力等を行うとしている。

◎日刊株式投資情報新聞(無料)登録受付中!


提供 日本インタビュ新聞 Media-IR at 06:44 | IR企業情報