IRセミナー
12/6(水)=アルコニックス、ハーツユナイテッドグループ

株式投資情報動画配信 日本インタビュ新聞社 - You Tube

株式投資情報動画配信 日本インタビュ新聞社 - You Tube

2017年10月03日

【話題】アサツーDKは株集め難航の予想?、TOB価格を大きく上回って急伸

■外国人の保有割合が62%近くありTOB期間30日のため憶測広がる

 総合広告代理店の大手アサツー ディ・ケイ(DK)<9747>(東1)は3日の後場、19%高の3770円(600円高)で始まり、13時を過ぎては3810円(640円高)まで急伸している。前場に続き、米国系の投資ファンド、ベインキャピタル(Bain Capital Private Equity, L.P.)グループによるTOB(株式の公開買い付け)が材料視されている。本日のストップ高は700円高の3870円になる。

 TOB価格は1株3660円。市場値段はこれを大きく上回っている。TOB成立には50.1%以上の応募が条件になるとされ、アサツーディ・ケイの株主構成をみると外国人の保有割合が62%近くあるため、TOB成立に向けた株集めは難航するとの予想が出ているようだ。TOB期間は10月3日から11月15日までの30営業日。公開買付者はベインキャピタルグループのビーシーピーイー マディソン ケイマン エルピー(BCPE Madison Cayman, L.P.)になり、最終的にアサツーディ・ケイの全株式を取得する方針とされる。発表によると、TOB成立後、アサツーディ・ケイは上場廃止になる見込み。

 アサツーディ・ケイは1998年に英国系の世界的大手広告会社WPPグループと資本・業務提携を締結。3日、TOBと一緒にWPPグループとの提携解消を決議と発表した。(HC)

◎日刊株式投資情報新聞(無料)登録受付中!


提供 日本インタビュ新聞 Media-IR at 13:30 | 話題