IRセミナー
12/18(火)=ソレイジア・ファーマ、ケイアイスター不動産

株式投資情報動画配信 日本インタビュ新聞社 - You Tube

株式投資情報動画配信 日本インタビュ新聞社 - You Tube

2017年10月05日

【どう見るこの株】アグロカネショウはモミ合いから上放れて上場来高値更新の展開

■果樹・野菜向け農薬専業メーカー

 アグロカネショウ<4955>(東1)は、果樹・野菜向けの農薬専業メーカーである。17年12月期は増収、営業・経常減益、最終増益予想である。株価は上場来高値更新の展開だ。上値を試す展開が期待される。

 同社は、果樹・野菜向けの農薬専業メーカーである。農家密着型営業で、土壌消毒剤を主力として、害虫防除剤、病害防除剤、土壌消毒剤、除草剤なども展開している。

 17年9月には、今後のさらなる事業拡大、生産拠点の一極集中によるリスク低減、製品安定供給の実現に向けて、山口県防府市に新工場用地を取得すると発表した。なお土地を含む投資総額は約40億円を予定している。

■株価は上場来高値更新の展開

 株価は1500円〜1600円近辺でのモミ合いから上放れて上場来高値更新の展開となった。本日10月5日は1945円まで上伸。今期予想連結PERは13〜14倍近辺、時価総額は約258億円である。

 週足チャートで見ると13週移動平均線がサポートラインとなって上昇トレンドである。上値を試す展開が期待される。

■17年12月期は営業・経常減益、最終増益予想

 17年12月期連結業績予想売上高が16年12月期比4.1%増の149億円、営業利益が5.8%減の19億44百万円、経常利益が7.6%減の19億42百万円、そして純利益が39.8%増の17億97百万円としている。新規剤の研究開発中止に伴い、8月10日に営業利益を17百万円、経常利益を45百万円、純利益を2億74百万円、それぞれ減額修正している。

 第2四半期累計(1〜6月)連結業績は売上高が前年同期比1.5%減収、営業利益が15.3%減益、経常利益が13.0%減益、純利益が71.4%増益だった。売上総利益は増加したが、販管費が増加して営業・経常減益だった。なお特別利益に福島工場の土地等の譲渡に伴う受取補償金13億50百万円、特別損失に研究開発中止に伴う損失2億49百万円を計上している。

 通期会社予想に対する第2四半期累計の進捗率は売上高が54.6%、営業利益が65.8%、経常利益が65.8%、純利益が83.8%である。なお上期偏重の季節特性がある。(MM)

企業の将来が見えるIRセミナー&株式講演会


◎日刊株式投資情報新聞(無料)登録受付中!


提供 日本インタビュ新聞社 Media-IR at 10:23 | どう見るこの株