IRセミナー
12/6(水)=アルコニックス、ハーツユナイテッドグループ

株式投資情報動画配信 日本インタビュ新聞社 - You Tube

株式投資情報動画配信 日本インタビュ新聞社 - You Tube

2017年10月10日

キーコーヒー:2017年歳暮ギフトセットを発売開始!

■テーマ課題〜“贈られた方が日常的ファンに“〜この流れを大事に

 業務用・家庭用レギュラーコーヒー製造大手、パッケージカフェ「KEY‘S CAFE」など事業領域拡大戦略を積極推進しているキーコーヒー<2594>(東1)は、このたび、発売20周年を迎え、2017年度iTQi(国際味覚審査機構のコンテスト)で優秀味覚賞を受賞した“トアルコ トラジャ”、“スペシャルブレンド”の「ドリップ オン」ギフトをはじめ、紅茶の高級ブランドである「サー・トーマス・リプトン」とのコラボなど、消費者の多様な飲用シーンにあわせ、歳暮ギフト全31アイテムを取り揃えた。

■ギフトシーズンだから出来るアイテム選定に挑む

 同社のR&Dグループリーダーの松澤氏は、歳暮贈答品開発の姿勢について、「大切な方への贈り物だから、日頃から好きな品を選び、贈られた方も日常的ファンとして定着して欲しいという願いがある。特に、ギフトシーズンはそれができるチャンスなので、この流れを大切にしている。今年の歳暮ギフト31アイテムの選定についても、この流れを意識して取り揃えた」と話している。

 また、GLIプロダクトチームリーダー本吉氏は、主なラインナップの特徴について、挽きたての香りと格別なおいしさを届けるために、1)プレミアム感、2)おいしさ、の2点を追及したと、次のように説明する。
 1つ目が容器の形状を改めるなど、華やかさを表現できるデザインを追及し、贈り手、受け取り手の双方に満足してもらえるよう、カジュアルでデザイン性に富んだ容器を採用した。
 2つ目は、おいしさに特徴を生み出している。ギフトにふさわしく、2017年iTQiで優秀味覚賞を受賞した「トアルコ トラジャ」「スペシャルブレンド」をはじめ詰め合内容は抜群である。
 3つ目は、1)新マーケットへのトライ、紅茶「リプトン」との組み合わせセットである。
 これは新しいプレミアムマーケットを狙ったラインナップだ。紅茶の顧客にコーヒーが届く戦略企画であり、同社は大いに期待している。

■主なラインナップの特徴

 ●「ドリップオン」ギフトKDV シリーズ全6アイテム:
 “挽きたての香り”と“格別なおいしさ”を実現したプレミアムドリップコーヒーの「ドリップ オン」ギフト。
 優秀味覚賞を受賞した「トアルコ トラジャ」をはじめ、バラエティゆたかな詰め合わせを、幅広い価格帯から選ぶことができる。

11.jpg
KDV−30N(3,240円税込)

※KDV−30Nのほか、組み合わせにより、KDV−20N(2,160円税込)、KDV−50N(5,400円税込)など。

●「トラジャ&氷温熟成 珈琲レギュラーコーヒー」ギフトTBRシリーズ全2アイテム:
「トアルコ トラジャ」と「氷温熟成 珈琲」の挽きたての香りを、独自技術で封じ込めたレギュラーコーヒーギフト。

12.jpg
TBR−30N(3,240円税込)

※TBR−30Nのほか、TBR−50N(5,400円税込)

 ●「ドリップ オン&ティーバッグ」ギフトKLA シリーズ全2アイテム
「ドリップオン」と“サー・トーマス・リプトン”のティーバッグを詰め合わせたギフト。コーヒー、紅茶ともに、産地特有の個性ゆたかな味わいを楽しむことができる。

13.jpg

 ●「インスタントミックス スティック バラエティ」ギフト:KIMシリーズ全2アイテム
 お湯で溶かすだけで手軽に楽しめる、“キーコーヒー”と“サー・トーマス・リプトン”のインスタントミックスを詰め合わせたギフト。
 どちらもミルクとの相性が抜群の本格的な味わいが楽しめる。

14.jpg


◎日刊株式投資情報新聞(無料)登録受付中!


提供 日本インタビュ新聞社 Media-IR at 20:54 | 新製品&新技術NOW