スマートフォン解析
IRセミナー
10/25(水)=メディアグループ 三栄建築設計、CRIミドルウェア

株式投資情報動画配信 日本インタビュ新聞社 - You Tube

株式投資情報動画配信 日本インタビュ新聞社 - You Tube

2017年10月13日

レイの第2四半期は順調に推移し、増収大幅増益

■TVCM部門は、引き続き好調に推移

 キャンペーン、イベントなどのセールスプロモーションの企画制作を行うレイ<4317>(JQS)の第2四半期は、前期あった大型プロジェクトの頓挫もなく順調に推移したことで、増収大幅増益となった。

 今期18年2月期第2四半期連結業績は、売上高55億56百万円(前年同期比8.3%増)、営業利益1億87百万円(前年同期△1億06百万円)、経常利益1億85百万円(同△88百万円)、純利益1億36百万円(同△94百万円)であった。

 SP(セールスプロモーション)・イベント部門は、受注が芳しくなく、秋のイベント・展示会等が多く開催される時期以降の受注案件が多いため、第2四半期の業績は低調であった。また、TVCM部門は、引き続き好調に推移し、業績も好調に推移した。

 映像機器レンタル部門は、季節要因等により低迷する傾向があり、秋のイベント・展示会等が多く開催される時期以降の受注が多いこともあり、低調であった。ポストプロダクション部門は、編集スタジオの稼動は堅調であり、受注・価格競争の影響による受注単価の改善は難しい状況だが、業績は堅調に推移した。

 今期通期連結業績予想は、売上高120億円(前期比6.1%増)、営業利益4億40百万円(同21.1%増)、経常利益4億円(同13.1%増)、純利益2億80百万円(同28.6%増)を見込む。

◎日刊株式投資情報新聞(無料)登録受付中!


提供 日本インタビュ新聞 Media-IR at 08:05 | 決算発表記事情報