IRセミナー
6/26(火)=ベステラ、シルバーライフ、PALTEK
7月7日(土)=クレスコ、ハウスドゥ、シンデン・ハイテックス

株式投資情報動画配信 日本インタビュ新聞社 - You Tube

株式投資情報動画配信 日本インタビュ新聞社 - You Tube

2017年10月16日

マルマエ:18年8月期 期初からスタート好調

■生産力強化、受注・出荷検収拡大に高水準で対応

 半導体・FPD製造装置用の真空部品など、精密切削加工のマルマエ<6264>(東マ)の前8月期は半導体、FPD両事業分野が好調な受注・出荷検収で35.4%の増収と好調に推移し好業績となった、新年度入りした9月も引き続き好調を維持し、受注を上回る出荷検収が進むなど高水準で推移した。
 全体の受注残高は831百万円となり、対前月増減率1.3%増、対前年同月増減率110.0%増と好調であった。

 半導体分野では積極的な設備投資により生産力が継続して増え、出荷検収も拡大、受注力も強化した。受注は対前月増減率2.8%増、対前年同月増減率105.0%増の567百万円と、さらに好調に推移した。
 FPD分野の残高は258百万円(前月比3.9%減)ながら、前年同月に比べ148.1%増加しており、高水準の受注を上回る出荷検収が続いたことを物語っている。

■短期的には増減を繰り返す〜顧客動向:発注傾向変化も

 今後の見通について同社取締役藤山敏久氏は、「好調な市場環境にある半導体分野は、需要増に伴い段階的受注増が見込まれ、強化した生産力拡大効果で高水準な受注・出荷検収が続く。顧客動向は数ヶ月分まとめて発注する傾向があり、短期的には増減を繰り返すと見ている。中長期的には市場拡大に見合う投資で受注に注力する。FPD分野は、第10.5世代大型液晶パネル向けと有機EL関連装置が中長期的に需要拡大する」と見ている。

分野別 過去一年間の四半期売上高と月次受注残高の推移
11.jpg


◎日刊株式投資情報新聞(無料)登録受付中!


提供 日本インタビュ新聞社 Media-IR at 17:15 | IR企業情報