IRセミナー
8/17(金)=夢真ホールディングス、トレジャーファクトリー

株式投資情報動画配信 日本インタビュ新聞社 - You Tube

株式投資情報動画配信 日本インタビュ新聞社 - You Tube

2017年11月01日

ソフトクリエイトホールディングスの第2四半期はネット通販サイトの構築需要やインターネット広告需要が拡大し、計画を上回る増収増益で着地

■Y2Sとの間で業務提携及び資本提携を行うことも発表

 ECソリューション事業を展開するソフトクリエイトホールディングス<3371>(東1)の第2四半期は、ネット通販サイトの構築需要やインターネット広告需要が拡大していることから、計画を上回る増収増益となった。

 今第2四半期も、ECサイト構築パッケージ「ecbeing」を活用したECソリューション事業の業績拡大に注力したことに加え、セキュリティビジネスや独自のサービスである「SCクラウド」の拡大に注力した。

 その結果、今期18年3月期第2四半期連結業績は、売上高72億37百万円(前年同期比10.2%増)、営業利益8億06百万円(同4.4%増)、経常利益9億15百万円(同12.0%増)、純利益6億09百万円(同14.2%増)と当初予想を上回る増収増益となった。

 第2四半期業績が当初予想を上回ったものの、通期連結業績予想は、当初予想を据え置いている。

 進捗率を見ると、売上高47.59%(前年同期49.49%)、営業利益50.28%(同50.0%)、経常利益54.70%(同50.43%)、純利益59.18%(同52.77%)となっていることから通期業績予想の達成はほぼ確実と思われる。

 なお同日に、Y2Sとの間で、業務提携及び資本提携を行うことを発表した。ソフトクリエイトはY2Sの第3位株主となるとともに、同社グループはY2S株式の20%を保有するため、Y2Sは同社の持分法適用関連会社となる。

 Y2Sは、監視システムの開発及び商用インターネットシステムインフラの設計構築・監視・運用サービスを提供するトータルマネージメントサービスプロバイダーであり、システムのインフラストラクチャーに関する全てのフェーズにおいて顧客を支援できることが強み。

◎日刊株式投資情報新聞(無料)登録受付中!


提供 日本インタビュ新聞 Media-IR at 15:49 | 決算発表記事情報