IRセミナー
12/6(水)=アルコニックス、ハーツユナイテッドグループ

株式投資情報動画配信 日本インタビュ新聞社 - You Tube

株式投資情報動画配信 日本インタビュ新聞社 - You Tube

2017年11月09日

【話題】三越伊勢丹HDは昨日9%安、今日9%高と大波乱

■早期退職金を最大5000万円上乗せと伝えられリストラ進展などに期待

 三越伊勢丹ホールディングス<3099>(東1)は9日の後場一段高で始まり、取引開始後に9%高の1348円(116円高)まで上げて戻り高値を更新した。8日は第2四半期決算の発表を受けて一時9%安の1133円まで急落したが、大胆なリストラへの期待などが言われ、一気に急反発となっている。

 第2四半期までの連結業績(2017年4〜9月累計)は、売上高が前年同期比2%増加し、営業利益は同25%増加したが、純利益は店舗閉鎖にかかわる出費などにより同99%減少した。3月通期の見通しは据え置き、営業利益は前期比25%減の180億円、純利益は同33%減の100億円、1株利益は25円67銭。

 しかし、決算発表を伝えた報道によると、「バブル経済期に大量入社した総合職を中心に高止まりしている人件費を減らす」(時事通信11月7日19時16分)として、新たな早期退職制度の概要を明らかにし、「部長級の早期退職の対象年齢を現在より2歳若い48歳からとし、退職金を最大5000万円上乗せする」「3年間で800〜1200人の応募を想定している」(同)と伝えられた。また、EC事業を拡大し、取引先4000社に参加を求める新たなインターネット通販サイトを立ち上げることなども伝えられた。

 8日の急落局面では、9%安の1133円を下値に持ち直した。テクニカル的には、ちょうど13週移動平均の水準(8日は1180円前後)、26週移動平均の水準(同1152円前後)に絡む水準で下げ止まった格好のため、当面の下値は確認できたとの見方が出ている。(HC)
◎日刊株式投資情報新聞(無料)登録受付中!


提供 日本インタビュ新聞 Media-IR at 13:10 | 話題